今の時代増えている家族葬の最新情報

家族葬の最新情報をご紹介します

現代では、宗教や葬儀に対する考え方が多様化し、仏式の一般葬という従来の形式に縛られない葬儀や供養の形が生まれています。そのひとつに家族葬がありますが、これも今までの単に少人数のコンパクトなお葬式というものからさらに進化を遂げ、葬儀社もさまざまなニーズに合わせたプランを提案しています。また、先祖代々のお墓に入るという継承システムも破綻しつつあるのが現状で、お墓には入らないという選択をする方も増えています。宗教にも葬儀の形にもこだわらず、身軽に終焉することを望んでいる方の葬儀なら、仏式のルールにとらわれる必要もありません。このような方のための形式に縛られない無宗教な葬儀を自由葬と呼びますが、自由葬に特化したプランを用意している業者も増えてきています。

仏式で行う場合の流れと注意点について

仏式で行う場合には、家族葬とはいっても内容は一般葬の場合と同じです。通夜、葬儀、出棺、火葬の順に行い、僧侶を呼んで読経してもらいます。本来は決まったルールは無く、全ては喪主の裁量に任せられているのですが、菩提寺がある場合は独断で儀式や読経を独断で省略してしまうと納骨を拒否されるおそれがあるため、お寺とよく相談しておかないと後々トラブルになってしまいます。通夜も葬儀も参列してほしい方を限定できるので、通夜振る舞いを用意するのも一般葬より楽になります。参列する立場の場合では、仏式なら服装やマナーもやはり一般葬と同じと考えて問題ありません。家族葬では香典を受け取らないケースが多いのですが、明確に断られていない場合は用意しておきましょう。勝手な判断で香典が不要と思い込んでいると、恥をかくことになってしまうかもしれません。

自由葬で行う場合の流れと注意点について

自由葬とは無宗教の葬儀のことです。故人が身寄りの無い方であったり、菩提寺を持っていなかったり、遺言によって散骨するように指定されていたりなど、さまざまな理由から通常の納骨以外の方法を選択している場合には、火葬の時間にさえ間に合えば全てを自由に行うことができます。僧侶を呼ぶ必要もなく、戒名も不要、通夜なども省けるので、遺族の考え次第では最小限の儀式だけを行うこともできます。あるいはどこまでもこだわって、故人らしい式にすることも可能です。現在では家族葬のプランを用意している葬儀社が増えていますが、自由葬に特化したサービスを打ち出している業者も出てきています。たとえば故人が好きだった楽曲を生演奏したり、ビデオメッセージを上映したり、写真展や民謡など故人の趣味にちなんだ企画を組んで行う式もあります。このような場合、式の流れも参列者の服装も、全ての決定権は喪主にありますので、お互いに相談して確認するとよいでしょう。

ご葬儀に対しての必要なもの・必要なこと全てにおいて充実したサービスをご用意しております。 地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 急なご葬儀が必要になってしまったお客さまでもしっかりと対応させていただきます。 家族蔡で温かみ溢れるひとときへ