家族葬に必要な基本知識を集めました

お葬式は大切な人との別れの儀式です。きちんと行いたいことはやまやまですが、多くのルールがあり、親族や知人や友人をどこまで招いたらいいのか、会場費や戒名、返礼品の費用もかさみ、家族の死を悲しんでいる暇もないほど悩ましいことが山積みです。そんな中、身内だけでゆっくりと静かに故人とのお別れをすることができ、余計なルールやしきたりに縛られることなく、費用も抑えられる、そんな葬儀の形が広がりを見せています。家族葬はその名の通り家族や、家族同様に近しい間柄の方だけを招いて行う、コンパクトなお葬式です。社交辞令的な参列者を招かずに済み、一体何名の弔問客が来るのか分からないということもないので、予算も立てやすく、香典をお断りすれば返礼品を手配する必要もありません。

近親者だけのお葬式は一般葬とどう違うのか

家族葬は近親者だけの小規模なお葬式で、誰を呼ぶか、どんな式にするのかを遺族の裁量で決めることができます。菩提寺がある場合はそのお寺のルールにある程度合わせなければいけませんし、僧侶を呼んで読経してもらう必要もありますから、することの内容は一般葬と変わりありません。しかし大量の通夜振る舞いを用意する必要もなく、返礼品を準備しておいたり、多くの弔問客の対応に追われることがない分、経済的にも精神的にも遺族の負担をかなり軽減することができるでしょう。大切なことは、事前に家族だけの式なので参列は遠慮してもらいたいということを、周囲によく説明して理解してもらうことです。それを怠ると、招かれなかった親族やご近所の方々との間にわだかまりができたり、トラブルになってしまいかねません。

通夜もお墓も要らない?最新のお葬式事情

家族葬は一般葬を小規模にしたものというイメージがありましたが、最近ではそこからもう少し踏み込んで、自分らしく自由なお葬式にするという方向に進みつつあります。というのも、今までのように先祖代々のお墓に入って、次世代が継承していくというシステムが成立しなくなってきており、お墓に入りたくないという方も増えてきている現状では、仏式のお葬式にこだわる意味が薄くなっているのです。菩提寺を持たないということはお寺のルールに従う必要がありませんし、僧侶を呼ぶ必要も戒名をいただく必要もありません。その場合は公営霊園や民間霊園に納骨したり、散骨や樹木葬など遺言で指定されている時はそのようにします。無宗教の葬儀を自由葬と呼びますが、家族葬を自由葬で行う場合は、本当に全てが自由なので、故人の遺志や遺族の希望を100%叶えることができます。