家族葬のメリットとデメリットについて

大型の葬儀以外選択肢がなかった時代から比べ、家族葬の理解が深まるにつれて、その形式を望む人が年々増え、増加傾向は止まりません。一般的に行われる葬儀の参列者の平均は50人程度と言われていますが、家族葬とはごくごく身内で行う葬儀です。本当の家族だけで行うものもあれば、生前から特に親しくしていた人にご参列いただくものまで、規模に若干の幅はありますが、それでも一般的な葬儀と比べてかなり小規模です。参列者は一桁程度から20人前後が多くみられます。自然葬など葬送方法にも選択肢が増えましたが、こういった葬儀の形式についても、生前からしっかりと意思を周りに伝えている人も多くみられます。終活の中で決定する項目に、このような葬儀の形式も含んでいるようです。故人の遺志を汲んで選択したということも、よく耳にします。

家族葬を選ぶことのメリットとは

メリットの一つとして挙げられるものに、費用面があります。一般的な葬儀が240万円程度かかるといわれる中で、家族葬は50万円未満で行えることもあり、かなりスマートです。また故人とのお別れがゆっくりできたともいわれます。参列者が多いとそれだけ忙しくしなければならず、あまりにあわただしく、ゆっくりお別れする暇もなかったという親族は少なくありません。喪主などは特に忙しいでしょう。参列者の中には義理や体裁で参列する人もいて、それが親族の気持ちを寂しくさせることも無きにしもあらずといえます。家族や親族、特に親しくしていた人だけが参列してくれる葬儀であれば、こういった意味で寂しい思いを抱くこともありません。心から悲しんで偲んでくれる人と、気持ちを共有できるのです。

デメリットをできるだけ解決するのがポイント

小規模葬儀であることから、周囲の理解が得にくいというデメリットがあります。50人100人と参列いただく一般的な葬儀が当然だという意識が強い方はまだまだ多く、反対にあってしまうケースが多々あります。喪主が決定できるので、そういった反対を押し切ることも可能ではありますが、そのあとのお付き合いのことを考えると無碍にもできずに困ったという話も耳にします。また、参列できなかったことで寂しい思いをする人もいます。小規模だと、そういう人が参列できない状況を作ってしまうこともあります。心からお別れを偲んでくださる人の気持ちもきちんと汲んで差し上げる配慮が必要です。もし終活の中で決めるのであれば、そういった調整も含めて行っておくと、遺族が戸惑うことなく安心です。