家族葬を成功させるためにすべきこと

家族葬の需要は最近高まっており、その事情としては、故人の遺志や家族の考えなど、様々ですが、背景には、不景気により、世間体よりも、お金を掛けずに低予算でも、心がこもったお別れを大事にすることができるということで、選ばれているということがあります。生前の故人の意向としては、身内だけでゆっくりお別れをしたい、残された家族のためにお葬式は低予算で行いたいなどの遺言ということもあります。近親者だけで葬儀を挙げるものすべてに対しては、以前は密教と呼ばれておりましたが、今は一般的に定着しており、宗教や形式にとらわれない心のつながりを特に重視した現代の葬儀の形として、一般的に多くなってきております。他にも、少子化や地縁、血縁関係が希薄となっていることなども社会的な背景として多くなっている要因の一つです。

成功させるために理解を得ること

まず、家族葬を行うにあたって、範囲に対する認識はそれぞれで、遺族だけによる葬儀、遺族の親しい人だけによる葬儀などが一般的です。その際には、故人の兄弟は家族に含まれるのか、どこまで知らせればよいのかということを話し合っておく必要があり、さらに、香典や供花などを受け取るか辞退するかも話し合っておく必要があります。また、行う際には、認識が人によって違うため、行うことを親戚や隣近所に伝えて理解を得る必要があります。参列をお断りする場合には、お知らせ文を用意する必要があります。お断りする文章などを用意し、香典や供花、弔電を辞退するという場合は、その旨も記載することで、先方にも親切です。なるべく後でトラブルにならないように、慎重に決めることが成功させるためには重要です。

成功させるための葬儀社選びについて

家族葬を成功させるためには、パック料金で安さを売りにしている葬儀社もありますが、含まれていない費用がある場合や、サービスの品質や量が希薄であったりする場合があります。まずは、明細を記入した見積書を提出してもらうことが大切ですが、特に見積書に記載されたもの以外にかかる費用などの葬儀全体にかかる費用についてしっかりと説明してくれる葬儀社かどうかも重要な選定基準となります。はじめから高い料金で設定されている場合は割引も意味がないものとなってしまうため、しっかりと見積書を取ってもらうことはお勧めです。選ぶ際には、見積書以外にかかると思われる費用を予測して説明してくれる、事前相談にも気持ちよく乗ってくれるか確かめるなど、遺族の立場に立った丁寧な説明をしてくれるところを選ぶことが大切です。病院から紹介された葬儀社にしてしまうという方も多いですが、事前「に複数の葬儀社を比較検討することで、信用できるところを見つけることができます。