最近増え続けている家族葬の流れ

最近は、生前から葬儀をするならば家族のみで葬儀を行って欲しいと希望している方が増えています。家族のみで行う家族葬は、身内だけで葬儀を行うので、参列者に気を遣う必要がなく、故人にゆかりが深いものを飾るなどしてゆっくりと故人を偲ぶことができます。アットホームな雰囲気の中で故人との最期の時間を過ごし、見送りたいという方は、この葬儀を選んでみてはいかがでしょうか。また、家族のみで葬儀を行うので、葬儀にかかる費用を抑えることができるというメリットもありますが、香典が集まらないので、かえって費用が高くついてしまうということもあるので注意が必要です。ここでは、最近増え続けているこの葬儀を行うときの流れや注意をしておかなければいけない点などを紹介します。

周囲への報告は必ず行いましょう

家族葬を行うと決めたときは、事前に親戚などに家族のみで葬儀を行うということを報告しておかなければいけません。報告をせずに家族だけで葬儀を行うと参列しなかった親戚から声を掛けて欲しかったと後で苦情がくることがあるので、事前の報告は必ず必要です。また、親戚だけでなく、近隣の人も葬儀を行っていると参列しなければと香典を準備してお参りに来ることがあるので、近隣にも家族のみで葬儀を行うことは報告をしておきましょう。勤務先などから香典や供花が届けられ可能性があるときは、勤務先にも事前の連絡が必要です。家族で葬儀を行うことを知らず、香典や供花を送った人には、後で必ずお礼をしなければいけません。このように家族のみで葬儀を行うと決めたときは、すぐに周りへの報告が必要です。

家族だけで行う葬儀の流れについて

家族葬の流れは、まず、葬儀社に葬儀の依頼をします。前もって葬儀を依頼する会社を決めていれば問題はないのですが、葬儀社を決めていないときは、家族のみで葬儀を行いたいという希望を言ってから見積もりを出してもらい見積もりをしっかり比較をしてから依頼をする葬儀社を決めましょう。葬儀社に連絡をすると、遺体を斎場や自宅に運んでもらい、打ち合わせで祭壇の様式や棺などの希望を伝えます。家族葬も通常の葬儀と同じように通夜は行いますが、参列者はなく看板なども出しません。葬儀は家族のみで行いますが告別式は行いませんが、香典などを持参して来た方には対応が必要です。参列者がないので、ゆっくりと故人とお別れをすることができます。葬儀の後の火葬や初七日などは通常の葬儀と同じ流れになります。